大腸がんは改善が可能【予防するための食事注意報】

hospital

女性の間でなりやすいガン

セルフチェックのやり方

看護師

日本人女性が今、もっとも罹りやすいかガンといわれているのが、乳がんです。女性の乳がんは、30歳代で急に増えて、40歳代から50歳代がピークとなります。女性の中には、胸の大きい方が乳がんになりやすいと誤解をされている人が多いです。しかし、乳がんの発症に胸の大きさは全く関係ないです。女性なら誰もが乳がんにかかる可能性があるのです。ガンと聞くと恐ろしいイメージですが、乳がんは早期に治療すれば確実に治せる病気です。なので、日々のセルフチェックが大事といえます。セルフチェックでは、鏡でまずは左右の乳房の大きさ、形に違いはないか確認します。それと、血液や黄色い分泌液が出ないかも確認します。そして、お風呂場で石鹸で手を滑りやすくしてから、指で乳房を触っていきます。指の腹で渦巻き状に触り、しこりがないか調べます。上記のチェックをこまめに行うことで、早期発見に繋がります。

病院での検査方法

乳がんの早期発見には、セルフチェックだけでなく、病院できちんと検査することも大事です。病院の検査方法は、主にマンモグラフィ検査とエコー検査が有ります。まずマンモグラフィ検査とは、乳房専用のX線撮影装置による検査です。アクリル板で乳房を片方ずつ挟み込んだ状態で、縦横の2方向から撮影していきます。少し痛みを伴いますが効果的な検査です。このマンモグラフィは石灰化の描出に優れ、しこりのない早期の乳がんの発見に効果があります。次にエコー検査とは、乳房に超音波を当てて反射するエコーを画像化して検査していくものです。乳房にゼリーをぬってから、医師によって乳房の上で超音波を出す機械を動かしていきます。こちらは痛みもなく、5分くらいで終了します。最低でも一年に一度は病院で検査を受ける必要が有ります。