大腸がんは改善が可能【予防するための食事注意報】

hospital

日本人の死亡者が多い病気

とても恐ろしいガン

doctor

日本人のがんの中で最も患者数が多いといわれているのが、胃がんです。統計によると、胃がんの年間の死亡者数は約5万人という多さです。そもそも胃がんとは、胃の壁の内側の粘膜内の細胞ががん細胞になってしまう病気です。胃がんの厄介なところは、病気の初期の段階ではあまり自覚症状がないことです。また、症状があったとしても、体の調子が悪いだけで済まされてしまう症状が多いです。初期症状の中で最もよく表れるのが、腹部の痛みです。しかし、多くの方はただの胃痛だと思い込んで、痛み止めでごまかしてしまいがちです。その結果、胃がんの発見が遅れてしまいます。その他にも、胃に潰瘍ができると、胸焼けや胃もたれ、げっぷの量が増えるなどの症状も現れます。このような症状が長く続く場合は、すぐに病院で診てもらう必要が有ります。

検査の具体的な方法

胃がんは早期発見をして、早期に治療を受ければ、患者の9割の人は完全に治るといわれています。胃がんは進行してしまうと、他の箇所に転移して治療が難しくなります。最終的には死に至る可能性があるので、毎年定期的に病院で検診を受けることが重要といえます。病院での検査方法は、主に胃X線検査、胃内視鏡検査などがあります。まず胃X線検査は、食道、胃の病変をバリウムで写し出す方法です。バリウムを飲んで、胃のすべてが写るように一定の体位をとりながら撮影していきます。その他にも、胃内視鏡検査は、いわゆる胃カメラです。直接、胃カメラを口から入れて、胃の内部に異常がないかチェックします。日本の医療技術は、早期発見や手術成績が優れているので、確実に胃がんは治ります。なので、定期的に病院で検査を受けることが大事です。