大腸がんは改善が可能【予防するための食事注意報】

hospital

女性の間でなりやすいガン

看護師

乳がんは、30代を過ぎた女性に多いガンといわれています。セルフチェックや病院での検査で早期発見をすれば、確実に治せるといわれています。病院での検査では、主にマンモグラフィとエコー検査が行われます。痛みは伴うものではないので、積極的に受けることが大事です。

日本人がなりやすいガン

ガンになると起こる症状

doctor

近年では、日本人に増加傾向があるとして、大腸がんが注目されています。大腸がんとは、盲腸から結腸、直腸、肛門までの大腸粘膜上皮に発生するガンのことです。統計によれば、今まで死亡原因の一位の胃がんを抜いて、大腸がんがトップになりました。生涯で大腸がんになる確率は、男性が11人に1人、女性が14人に1人という結果も有ります。なので、それほど珍しい病気ではないといえます。大腸がんの自覚症状を挙げていくと、血便・下血、腹痛、便通異常、便の異常などがあります。特に大便をした時に、便が以前と比べて細くなった場合は要注意となります。なぜなら、大腸内で腫瘍が大きくなり、大腸の内側が狭くなっていると考えられるからです。そのような場合、すぐに病院に行く必要が有ります。

予防に効果がある食べ物

大腸がんは、主に食生活の乱れで起こるとされています。たとえば、食事の際の大量飲酒、ベーコン、ハムなどの加工肉の過剰な摂取によるものです。そのため、毎日の食生活を気をつければ、ある程度予防できるといえます。大腸がんの予防でおすすめな食品として、まず海藻類が挙げられます。海草には、ポリフェノールが多く入っているからです。ポリフェノールを取り入れると、大腸の発がん性物質を排出する働きがある酵素が発生します。そのため、大腸がん防止につながります。その他にも、にんにくに含まれる「S−アリルシステイン」という成分もがん抑制効果があります。この成分には、NK細胞を活性化して免疫を高めてくれるからです。上記の食品を積極的に取って、大腸がん予防をすると良いです。

日本人の死亡者が多い病気

doctor

胃がんは、日本人に多いガンといわれています。この病気が厄介なのは、明らかな初期症状がないということです。気づいた時には、すでにガンが進行してしまっていることが多いので、定期的に検診を受ける必要が有ります。

がんに関する治療

doctor

肝臓がんは、肝臓に関する炎症などが原因となって起こる病気であると言われています。しかし、肝臓がんの場合においては複数の治療方法を行うことが出来る様になっているということから、誰もが気軽に治療することが出来る様になっています。